業種や事業規模を問わず、さまざまなお客様に導入いただいてます

医療・介護福祉現場課題と解決

課題

  • ・医療機関ならではの複雑な勤務形態。紙ベースの管理は柔軟性はあるが、煩雑になりすぎ。
  • ・リアルタイムで勤務時間がわからないので、締めてからでないと負荷のかかっている社員が判明しない。
  • ・訪問介護などの現場では、申告制で、万が一虚偽申告があっても気付けない。

解決

  • ・タッチオンタイムは勤怠管理に特化したシステムです。
    そのため、複雑な勤務形態にも対応できる柔軟さを持っています。
  • ・打刻情報がリアルタイムに反映されますので、「勤怠の見える化」が可能に。適切な指導で業務の分散化に繋がります。
  • ・GPS機能をONにして携帯電話で打刻すれば、どこにいる状態で打刻したのか一目瞭然です。

障害福祉サービス企業導入事例

株式会社 秦野インクルージョン

Touch On Timeにしようと思ったキッカケは?

かつては出勤簿に記録をとり手で集計をしていました。もちろん従来はそれでなんとか集計できていました。
ある日、事業所を増やすことになったのですが、人数が従来の倍の数に向けてどんどん増えることを冷静に考えたとき、今後も手集計の作業が継続できるのか心配になってきました。
もともとはタイムカード等も候補に入っていましたが、市内に点在している各拠点からカードを集めてくることよりもリアルタイムに集計が確認できるTouch On Timeが良さそうだなと思いました。
カードの取り違いによる打刻間違いも無いので、生体認証が良いなと思ったのも決めたキッカケです。

手作業ではできないことが実現できた!

変形労働制を導入したいと思っていたので、Touch On Timeを入れたのを期に導入しました。
手集計で変形労働制にするのはほぼ不可能でしたから助かりました。あとは有給の比例付与なんかも手作業とは比べられないほど便利になりましたね。
MFクラウドという給与システムとTouch On Timeがスムーズに連携できることもあって勤怠部分から給与計算処理までの流れが大きく効率化されたことも、本当に良かったと思っています。

株式会社 秦野インクルージョン様

業種
指定障害福祉サービス事業 地域生活支援事業
利用者数
約50名
打刻端末
Touch On Timeレコーダー

アスクルにお気軽にご相談ください

アスクル ASPサービス担当0120-356-511

受付時間:月曜~金曜日(土・日祝日を除く) 午前9時~午後5時

働き方改革で勤退管理を見直す必要があるかな と半信半疑のあなたに。
「勤怠管理システムを今こそ導入すべき3つの理由」

勤怠管理システム丸わかり資料ダウンロード

勤怠管理システムタッチオンタイムに関するお問い合わせはこちらにお寄せください。
導入に関するご質問や資料請求など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

無料体験・お問い合わせはこちら